make video

make video >> ビデオ制作 活用方法

制作したビデオってどこで使える??

写真を使ってビデオを制作をした時、思った以上のできあがりにきっと驚くはずです。そして、なんだかそのまま仕舞うのはもったいない気がしてくると思います。愛情を込めて制作した自作のビデオですから、何かに活用したい!!そう考えるのは当然のことです。そこで、ここでは、せっかく制作したビデオをそのまま眠らせてしまうのはかわいそうなので、その活用方法をご紹介したいと思います。あなたが制作した自慢のビデオをぜひたくさんの人と観賞し、楽しみましょう。

活用方法1 お子様のビデオ制作

お子様の誕生から、ハイハイをした様子、初めてしゃべれるようになった様子などなど、いつか子供が大きくなったときに、幼少期のころの様子を見せてあげられるような子供の誕生記のビデオ制作はいかがでしょう??そして、その制作したビデオを、子供の誕生日パーティーに親戚や、家族、友達にみせてあげるときっと喜ばれると思いますよ。

特にお子様が小さいときは、例え家族であっても、なかなかその一つひとつの瞬間に必ずしも立ち会えるとは言えませんよね。子供がいつハイハイできるようになって、いつしゃべるようになって、いつ笑ったのかは常に一緒にいる人にしかわかりません。そこで、その瞬間の一つひとつを納めた写真をひとつの映像としてビデオ制作し、見ることのできなかった家族へ見せてあげることもできます。

また、今は大きいお子様の昔の写真をまとめて、ひとつの映像にすることもできます。小さい頃の写真や、小学校、中学校入学時の写真、運動会や学芸会、卒業式などの写真をビデオ制作し、思い出のアルバムとして残すこともできます。お子様の成人式などにみんなで見るときっと素敵な思い出となりますよ♪

活用方法2 旅行のビデオ制作

友達同士での旅行や、家族旅行、ひとり旅の時には必ず多くの写真を撮りますよね。その写真を、その土地で聞いた音楽や、好きな音楽をBGMにして、ひとつの映像にまとめると素敵な思い出として残すことができます。その制作したビデオを、旅行へ行った仲間や家族と見ると、また再び旅行の楽しみを味わうことができるでしょう。旅行中のおもしろエピソードなどで話しが盛り上がり、第二弾の旅行計画をそのまま立ててしまうかもしれません♪

活用方法3 会社でのビデオ制作

会社では、様々な行事がありますよね。入社式や、新入社員の歓迎会、新年会に忘年会、社員旅行や社員研修など、様々な行事の時に必ず社員のひとりは写真を撮っているはずです。その写真をひとつの映像にまとめてビデオ制作をし、忘年会などで見ると盛り上がると思いますよ♪特に飲み会の写真は、大盛り上がり間違いなしです。この1年の会社の動きや、社員の様子が楽しい思い出として残るのでぜひお勧めです。新年度のはじまる4月から写真を撮っておき、年度末にみんなで見るという習慣があるのもいいと思いませんか?また、新しい仲間を迎えるために会社紹介のビデオ制作とかも良い考えかもしれませんよ。

Valuable information

会員カードの作成を頼む

最終更新日:2017/5/31